HOME > ロードバイクの魅力 > ロードバイクの選び方

ロードバイクの魅力

ロードバイクの選び方

ショップに行く前の準備

自分の乗り方をイメージする!

走る距離や地形、雨でも乗ることがあるのか?どのくらいの頻度で走るのか?
など、乗り方やライフスタイルによって、あなたにピッタリの1台は変わってきます。
ロードバイクで何がしたいのか、明確にしておくことが大切です。

街乗りでオシャレにor通勤用として乗りたい。自分好みにカスタムしたい。レースに出場、速さを極めたい。ダイエットor運動不足を解消したい。

ロードバイクの楽しみ方は、十人十色。
よくわからないという方は、なんとなくのイメージでも構いません。
自分の中でイメージが固まってきたら、ショップに行ってスタッフに相談してみましょう。

予算をきめる!

人気のロードバイク。最近はお手頃なモデルもたくさん出てきていますが、決して安い買い物とはいえません。
また、バイク本体の他にもヘルメットやペダルなどの関連アイテムを揃える必要があります。
全体の予算を考えて、バイク・アイテム選びをはじめましょう。

ロードバイクの必須アイテムはこちら

ロードバイクのタイヤ幅は2〜3センチほど。
細い分、路面抵抗を抑えることができ、高速走行を可能にします。タイヤの空気圧が高いので、思ったよりパンクもしにくく安心です。。

Point.1

「完成車」か?「フレーム買い」か?

—自分の技術・予算と相談—
ロードバイクの買い方は主に2つ。自分のレベルや予算に応じた購入方法を選ぶことが重要です。

完成車を
購入する

組み立て済みなのでコストパフォーマンスが良く、はじめてロードバイクを
購入する方におすすめです。
パーツ交換をすることで、グレードアップも可能。
ロードバイクの完成車は通常ペダルは付属していませんので、
別途ビンディングペダル・シューズなどを購入しましょう。

フレームから
組み立てる

自分の好きなフレーム、それに合わせたコンポーネント※や
各種パーツを選び、車体を組み上げる方法。中・上級者向き。
自分仕様にカスタムできますが、価格は高めです。
また、フレームから設計•製造してもらうことを「フルオーダー」といいます。

※コンポーネント…自転車を構成する主要パーツ群(変速ギアやディレイラー、ブレーキなど)の呼称。メーカーごとに、様々なグレードがあります。

プロジェクトワンなら、あなただけの特別なロードバイクが手に入ります。

ページトップへ

Point.2

フレーム素材

—素材ごとの特徴を理解しよう—
ロードバイクのフレームは素材によって、様々な特徴があります。
ここでは2種類の素材に注目。自分の好みに合わせて、フレームの素材をセレクトしましょう。

主なフレーム素材

アルミ

軽くて丈夫、コストパフォーマンスに優れています。
腐食に強いため、初心者でも扱いやすいところも魅力。
ダイレクトな踏み心地に定評があります。

カーボン

非金属のため、とても軽く丈夫で腐食しません。振動吸収性も◎。比較的高価でデリケートな素材のため上級者向けといえますが、近年はリーズナブルなモデルも登場しています。

Point.3

サイズフィッティング

—あなたの身体に合ったサイズを選ぼう−
ロードバイクを購入するとき重要となってくるのが、サイズフィッティング。
どんなに高級なバイクでも、サイズの合わないロードバイクでは身体に負担がかかってしまい、
本来の力を発揮することができません。

トレックストアでは、快適なサイクリングをしていただくために、専門知識を持ったスタッフによるサイズフィッティングを行っております。あなたの体型、ライディングの経験や用途に合わせて自転車の各部に付いているパーツを微調整し、ベストポジションにセッティング。また、バイクの試乗もできるので納得いくまで、自分に最適な1台を探し出すことができます。

Point.4

わからないことは、スタッフに聞こう!

—良いショップとの出会いがベストなバイク選びにつながる—
ロードバイク初心者の方にとって、ショップのスタッフは貴重なアドバイザー。ロードバイクを購入するときはもちろん、購入後も親身になって相談にのってくれる長い付き合いのできるショップを選びましょう。

トレックストアでは、経験豊富なスタッフがロードバイク選びからアフターサービスまで、充実したサポートをご用意しています。
フィッティングをはじめ、自転車の乗り降りや変速機の使い方、ブレーキのかけ方など、安全に運転していただくための操作方法も丁寧にご説明。
その他収納方法や定期的なメンテナンスなど、基礎知識に関するアドバイスもご提案しておりますので、ロードバイク初挑戦の方でもお気軽にご来店いただけます。

納車までの流れはこちら

ページトップへ